ベジママ 成分

ベジママの成分には危険なものが含まれている?!

 

 

妊活をこれからしようと思っている方にとって「ベジママ」はやっぱり気になるサプリメントですよね。

 

これからベジママを試してみる前にやっぱり成分は大切だと思います。

 

どんな効果があるのかということについても、含まれている成分を見れば作用が分かりますし、危険性の高いものが含まれていないかということについても事前にチェックしておくべきです。

 

今回はベジママの全成分について触れていきたいと思います。

 

 

ベジママの全成分

 

ピニトール、還元麦芽糖水飴、ルイボス茶抽出物(デキストリン・ルイボス茶エキス)、アイスプラント末、デキストリン、ビタミンE含有植物油、マンガン含有酵母、結晶セルロース、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB6、ステアリン酸Ca、ビタミンB2、パントテン酸Ca、葉酸、ビタミンB12

 

 

ピニトール

 

ベジママの主役とされる成分がピニトールです。

 

ピニトールは女性では、PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)が原因とされる不妊に効果があることが実証されています。

 

すでに欧米では、PCOSの治療にピニトールが使われています。

 

血糖値を下げる作用があり、糖尿病やED(勃起不全)にも役立つとのことです。

 

ピニトールはアイスプラントという食材に多く含まれています。

 

しかし、あまり聞きなれない食材で売っているお店も限定されるのが難点。

 

日本でも今注文されている成分で、いち早く配合したサプリがベジママというわけです。

 

 

 

葉酸

 

妊娠中に飲むことで赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを軽減することが実証されています。

 

神経管閉鎖障害とは、無脳症・二分脊椎のことで、脊椎・脳が未熟なまま産まれてきた状態です。

 

出産してからは重篤な障害が残る重い病気でもあります。

 

だから妊娠中の方には葉酸サプリが流行っていることはご存じのはずです。

 

厚生労働省も推薦している葉酸ですが、実は妊娠の3ヵ月前から摂取することが望ましいとされています。

 

実は葉酸は妊活中から飲み始めるのが一番なんですね。

 

ベジママは妊活に必要な栄養素は葉酸も含め、全て網羅していることが分かりました。

 

 

還元麦芽糖水飴(マルチトール)

 

マルチトールと言われているシロップです。ジャムやマーマレード、アイスクリームなどに含まれています。

 

糖分は含まれていますが、カロリーは低いので血糖値が大幅に上昇することはありません。

 

合成添加物だと誤解されがちですが、マルチトールは天然食品ですので安心です。

 

 

ルイボス茶

 

ルイボス茶の名前は一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

健康茶に使用されていることが多く、日本でも幅広く愛用されている成分です。

 

ルイボス茶は何と言っても強力な抗酸化効果が最大の魅力ではないでしょうか。

 

抗酸化効果とは、人間の老化を妨げる物質を除去し、いつまでも若々しい肉体を保つことができるよう働く効果のこと。

 

妊活にルイボス茶を飲むと良い理由は2つあるとされ、1つは卵子・精子の老化を防ぐ働きがあるとされています。

 

ルイボス茶の抗酸化作用により健康的な卵子・精子を保つことができます。

 

2つ目は女性ホルモンのエストロゲンに作用することが分かっています。

 

エストロゲンは着床時に子宮内膜を厚くし、着床を助ける働きがあります。

 

 

 

アイスプラント

 

最初に行ったピニトールをもっとも多く含んでいるアイスプラント。

 

正直、知らない人の方が多いのではないでしょうか。

 

スーパーなどで販売されていることはほとんどないみたいです。

 

南アフリカ原産の植物で、ピニトールの他にもクエン酸・リンゴ酸が含まれており、疲労回復にも役立つとのことです。

 

 

 

デキストリン

 

私達が食べる食品や飲料水にも含まれているデキストリンは最も多く使用されている成分と言っても過言ではありません。

 

その正体はトウモロコシから抽出されたデンプンです。

 

デキストリンという名前から添加物だと誤解を受けやすいのですが、自然食品ですので危険は一切ありません。

 

血糖値の上昇を抑える働きと中性脂肪の吸収を抑える働きがあり、体にとってもプラスに働いてくれる成分です。

 

 

 

マンガン含有酵母

 

マンガンは体のありとあらゆる部分に幅広くあるミネラルの一種です。

 

そのマンガンを摂りいれた酵母が、マンガン含有酵母です。

 

マンガンは代謝に使われ、生殖機能の働きにも関わるミネラルです。

 

酵母には様々な作用があり、抗酸化作用での若返り効果・お通じの解消・美肌効果などが期待することができます。

 

 

 

 

結晶セルロース

 

 

食物繊維の一種で、栄養素を固める役割として使用される添加物です。

 

医薬品やサプリなどにはほとんど使用されている成分です。

 

凝固剤としての役割ですが、人体への悪影響はありません。

 

 

 

 

パントテン酸Ca

 

パントテン酸Caはビタミンの一種です。

 

美肌効果・しなやかな髪を再生する時に働くビタミンです。

 

安全度の高い成分で、人体への悪影響はありません。

 

安心して飲むことができる成分です。

 

 

 

 

ビタミン群

 

 

妊活中に必要なビタミンはベジママ1つで十分補えます。

 

特に、普段の食事からでは摂りづらいビタミンが多く含まれています。

 

ビタミンに関してはベジママさえあれば心配ないと言ってもいいでしょう。

 

 

 

 

 

成分を1つずつ確認してみても、ベジママは安全性が高いことが分かります。

 

配合されている成分のほとんどは自然由来の成分で、悪影響が一切ないとされているものばかりで構成されているからです。

 

添加物として含まれている結晶セルロースも、食物繊維の一種であり食品やサプリにはほとんどに含まれているものです。

 

副作用などの報告も1件もないので、結晶セルロースでの悪影響は考えられません。

 

ベジママは妊活に必要な成分は全て網羅しています。

 

普段の食事からは摂れない葉酸・ピニトール・ビタミン群は何らかで補う必要があるので、やっぱりベジママをおすすめします。

 

 

おすすめ記事

 

⇒ベジママの副作用とは?